そごう美術館「ロバート•ハインデル展」で絵に夢中になる
前々から行きたいと思っていたそごう美術館のロバート•ハインデル展。
最終日、運命的に行くことができました、本当にありがとう(≧ ≦)



オペラ歌手として有名なマリア•
カラスの目、誘いような狙うような強い目でした。作品を観ながらメモした走り描きの絵を載せていきます。



マリア•カラスの指先。
木炭で描かれた一筋の線から歌声が全身に響き渡り、身体でその歌声をコントロールをしている様子が指先から伝わってきます。
今にも、低く強いマリア•カラスの声が聴こえてきそう…。





他にも「グレート•パフォーマー カラヤン」と題された作品も。

絵を観ているだけで、音楽が伝わってくるというのはどういうことでしょうか。

指揮者の手の表情から、盛り上がっていた音を低く抑え、伸ばしていることが伝わってきます。


そして模写していく中でロバート•ハインデルの凄さを改めて体感した作品が、(作品名がうろ覚えなのですが…)、写真左側の「ホワイトブラック」です。



躍動感が…!凄い。
このダンサーはまず右に向かって舞って、グッと右足で床を踏みしめて、いままさに左足を踏み出そうとしている、その三つの流れが、彼女の筋肉の流れや衣装のたゆたい方、空気感を観るだけで伝わってくるのです。

余韻を感じさせる指先、その指先でつままれたスカート。




私の絵と比べると、作品の持つ躍動感との圧倒的な差を感じます。

ロバート•ハインデルは、余白や空間を通じて、ダンサーの筋肉の流れや息遣い、残像、時間そのもの、勢い、空気感すべてを描くことのできる人。
亡くなる前に1度で良いからお会いしたかったです。


改めて、私はしなやかな身体を心から美しいと感じるのだと実感しました。
ロバート•ハインデルのように描きたいですし、観ていたいです、そしてバレエを続けたいと心から思いました。



いつか彼のような作品を描ける日まで。

いい1日だったな(*^^*)




スポンサーサイト
【2015/07/26 22:32】 | ART | トラックバック(0) | コメント(2) |
大塚呉服屋×コシラエルの浴衣が可愛すぎる
こんな浴衣が着れたらいいなぁ。
綺麗。
http://s.fashion-press.net/news/gallery/17080/294006



【2015/07/25 11:21】 | ライフスタイル | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
being on the road


profile

mainHP→http//www.geocities.jp/uekrtmy/

ゆっこ96

Author:ゆっこ96
name* yuKko
 
ゆっこの本棚 






行ったことのある国•地域•都道府県

最近の記事

カテゴリー

counter

合計
無料アクセスカウンター
本日
ホームページ作成
昨日
無料・出会い系サイト

seoスロット痔ろう熟女・出会いオナニー・画像

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する