スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ハーフマラソンを走り終えて
1月12日栃木県でハーフマラソンに挑戦!止まることなく走り続けて、サポートや応援をしてもらったおかげで約2時間半でゴールできました。

月並みな感想ですが、つらつらとメモ。

⚫︎「絶対に無理!」と思う距離も一歩一歩歩き続ければ必ずゴールできる

もともと5キロでさえ走ったことはなかったんです。そんな私にとって、20キロなんて選択肢にさえあがらないほどの距離。しかし慣れとは不思議なもので、去年の10月から5キロ10キロとちょこちょこ走っているうちにいつのまにか20キロに対する心のハードルが下がってきました。

マラソン当日も10キロを超えると余裕は一切無くなりましたが、一歩一歩積み重ねると途方もなく長く感じた距離も徐々に近づくんですよね。あれよあれよという間に無事ゴールすることができました。

日常生活でも言えるな、とすごく思いました。「英語を喋れるようになりたい」と思ってる間は全く理想の自分には近づけないですが、ほんの少しの勉強だけでも積み重ねると理想に近づけるのだなと。「慣れ」と「小さな一歩の積み重ね」の大切さを改めて気づく機会になりました。



⚫︎何もしてないのに、笑顔で応援してもらえる

寒い中、沿道から多くの人に応援してもらいました。「ただ走ってるだけなのに…」応援してくれる人はみんな満面の笑顔です。ガムシャラに頑張るという事はそれだけで、周りの人を元気にするのかもしれません。
スポンサーサイト
【2015/01/19 23:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
夢を見させてくれた「夢見るフランス絵画展」
2014年に行った美術展の中で、Best3に入る夢見るフランス絵画展
(どの展示会も良かったのだけど(〃ノωノ)♡)


久しぶりにモネに会えました…。本能で好きだと感じられる優しい色合い、印刷でもデータでも再現できないのが残念です。自分の目で見て確かめられるのは、東京に住む人の恵まれた点かもしれません。

モネの「積みわら」



モネは1883年よりジヴェルニーに来て亡くなるまでの43年間、人生の半分を過ごしました。

「積みわら」連作は、ジヴェルニーで描かれたようです。 






モディリアーニを実際に見たのは初めてです、配色や線の走らせ方、文字の配置や、くにゃりと曲がった体による違和感の感じさせ方、それら全てから「モディリアーニはセンスの人」だと感じました。



おじいちゃんの好きなローランサンも。

ゴーギャンの額縁は、キメが粗く朴訥した木を使っていて、作品ととても合っていました。厚みのある油絵。

かれこれ美術館に3時間はいたでしょうか。6往復はしてたと思います笑
それぞれの作品のどんなところが好きか意見を交わす時間ほど贅沢な時間はありません。

【2015/01/18 20:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
チームラボ✖️日本科学未来館




猪子さんの「アートは、個人が参加して完成する」という言葉が印象的で前々から興味を持っていた科学未来館へ。

プロジェクションマッピングを使った触れるアートや、私の行動を記録する「ミー」というアバターなど、今までにないアプローチの展示が満載。子どものようにハシャぐ私たち。

自分の絵がくらげになって映像の中で泳いでたのは新鮮で、ずっと見てても飽きませんでした。
【2015/01/18 18:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
年賀状


今年も想いをこめて手描きです。

【2015/01/18 18:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
フランス人は10着しか服を持たない
フランス人は10着しか服を持たない ブクログ

良書でした。

例えば「情熱をもって食事をしましょう」というキーワードだけ聞いても、そうかな、と聞き逃してしまいそうですが、
この本を読むと、マダムのシックで豊かな暮らしが目に浮かぶため、自然とその暮らしに憧れを感じます。

特に良いなと感じたのは下記の部分です。

---
•間食をしたくならないインテリア
リビングルームは会話やおもてなしや読書の部屋

•情熱をもって食事をする
マダムはカマンベールの一切れを差し出しながら、嬉しそうに「ロワ•ド•フロマージュ(チーズの王様)」と言う。

•ワードローブにテーマを作る
自分らしいスタイルを確立して、季節に10着質のいい洋服を選ぶ。クローゼットがゆったりとハンガーにかかっているのを見るのが嬉しくなる。

•いつもきちんとした装いで
穴のあいたスウェットから寝巻きもパジャマに変えると、とても心地よかった。
---

この本に出てくるマダムと身近にいるにいるの人を重ねて読んでいたから、余計に憧れの思いが強くなりました。祖母がまさにマダムにそっくり。

いい服とスカーフをさらっと着こなし、部屋では決してくたびれない部屋着を着て、心地いいシルクのパジャマで眠る…どんな時も品のある女性でした。
【2015/01/18 17:40】 | | トラックバック(0) | コメント(0) |
カフェの中でしたオセロ
大学3年生のとき、友達2人と早稲田大学近くのカフェに入りました。
白を基調とした学生が運営するカフェ。少し手作りっぽさが残っていたけど、インテリアにはこだわっていて、今時の雰囲気が漂っていた。

何でもない話をしながら、たまたまカフェに置いてあったオセロをして、私が負けたりして。

猫村さんが、
「こういう意味のない時間が思い出に残るんだよね」
って言ってて。

実際に8年経った今もその瞬間を思い出すわけです。
意味のない、その贅沢な時間を。

【2015/01/18 12:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
イタリア カプリ島
イタリア カプリ島の写真です。深い青色が素敵。

【2015/01/15 07:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
2015年
2015年、工夫をする人になる。

【2015/01/07 09:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
being on the road


profile

mainHP→http//www.geocities.jp/uekrtmy/

ゆっこ96

Author:ゆっこ96
name* yuKko
 
ゆっこの本棚 






行ったことのある国•地域•都道府県

最近の記事

カテゴリー

counter

合計
無料アクセスカウンター
本日
ホームページ作成
昨日
無料・出会い系サイト

seoスロット痔ろう熟女・出会いオナニー・画像

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。