スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
月が綺麗ですね
昨日と一昨日の夜は、本当に月が綺麗でした。
空に雲が一切かかってなくて、真ん丸で大きな月がくっきりと見えました。

福沢諭吉は、「I love you」を「綺麗な月ですね」と
訳したそうです。

きょうは曇り空ですが、また夜に月が見えることを期待。
スポンサーサイト
【2010/03/31 08:43】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
映画MEMO
シンガポールへ向かう途中みた機内映画の備忘録です。

◆Fantasitc Mr. Fox
『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールの児童書
『父さんキツネバンザイ』の映画化。
コマ撮りされた人形アニメーション、
キツネの表情がとっても可愛いです。
キツネやネズミや人間のキャラクターが
もっと個性的でもよかったです。
監督:ウェス・アンダーソン
『ライフ・アクアティック』

◆プレシャス
監督はリー・ダニエルズ。80年代後半の
ニューヨーク・ハーレムを舞台に、
虐待やいじめを受ける16歳の黒人の少女・
プレシャスがとある教師に出会い人生の
希望を見出していくストーリー。

◆Everybody's fine
妻を亡くし、定年もせまり一人寂しく老後を
送ろうとしている父親。
4人の子供たちが冬休みの約束を揃ってキャンセル
したことからストーリーが始まります。
ロバート・デ・ニーロ演じる頑固者のフランコ。
「子どもたちは成功して欲しい」と強く願うフランコにたいして、
プレッシャーを感じる子供たちは、嘘を重ねます。
ちょっとした気持ちのすれ違いから距離が離れてしまった家族。
『Everybody's fine』のことばに大号泣でした。

yukko
【2010/03/30 08:20】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ナレーションの立ち会い、声の持つ力
番組のナレーションに立ち会いました。

かねてより、日本で1番美しいと思っていた女優さん。

声の持つ力に、改めて圧倒され。。
抑揚、空気の含ませ方、高低、などで、声の表情がコロコロ変わります。

声だけで、嬉しいことをこんなにも伝えられるなんて。

自分の声を出すことができる、
当たり前ですが、決して当たり前ではありません。
声に意識を向ける、という特別な機会を経験させて頂けました。

Mさん、スタッフさん、警備員さん、受付の方々、カフェの皆さん、オススメのスイーツを教えてくれた友達、
冷蔵庫をかしてくれたフロアの方、
作家さん、局の方々、
今回の立ち会いを手配してくれたプロデューサーのIさん、

皆さん、ありがとうございました。
一回一回の大切な経験を、
骨の髄まで染み込ませて感性を豊かにします。

yukko
【2010/03/27 19:59】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
セレブデトマトの宝石箱
差し入れに青山のセレブデトマトのスイーツを購入しました。

宝石箱みたいに綺麗なトマト。
【2010/03/27 16:52】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
シンガポールの朝のジョギングとモスク
私の命が生まれた国、アメリカにシンガポールにお姉ちゃんと行ってきまし
た。
シンガポールにはチャイナタウン、リトルインディア、アラブストリート、3つの国の文化を堪能できる場所もあります。
アラブストリートの中には立派なモスクがあり、信仰者だけでなく無宗教や異教徒の人も中を見学することができます。
スカーフを頭と顔に巻いて、人生で初めてモスクに入ることができました。
中は、小さな体育館ほどの高さと広さ、窓が大きいからか風が吹き抜けていてとても気持ちよかったです。

お祈りの時間は終わっているらしく、
数人の信者が思い思いに本を読んだり、
お祈りしたり、おしゃべりしたりしてリラックスして過ごしていました。
見たところの印象は、地元の集会所のような感じ。

モスクでしばらくボーッと景色を見たあとは、シンガポールのシティをぐるぐる回りました。

海外旅行先では、朝ジョギングをします。
観光とは違う視点で町並みを見れるからオススメ。

地図もろくに見ないので、偶然おもしろい場所やお店を
見つけたり。

何回か分けて、シンガポールの思い出を綴って行きたいと思います。

yukko
【2010/03/23 08:39】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
7人家族の真ん中で
主婦人気ブログNO.1の7人家族の真ん中で

ちょっと読んだらおもしろくって止まりませんでした。

認知症と体が不自由な姑シスターズとよ嫁を中心とした
5人家族の日常のやりとりをマンガにしています。


とくに好きなのが、認知症のお義母さんを「フェアリー」と呼んでいるところ。
介護の毎日を、あるあるネタ満載でちょっとだけおもしろおかしく表現しています。
わたしも88歳の祖父祖母と暮らしているので、すごく気持ちがわかります。

ーーー
ブログより引用







どんぶりを洗っていたら

手が滑って、落としてしまった。

でも割れなくてよかった。







ところが…











己の失敗を何度も言わされる嫁(泣)







もし一人だったら何事もなく過ぎたであろうことも

クローズアップされて、何度も謝るはめになる。





















そう、何度でも何度でも…_| ̄|○








ーーー

認知症の人は、自分の周りの現象が理解できず、混乱して不機嫌になり
「うまくいかないのは●●のせい」といった発言をすることがあります。

認知症の人の家族は、頭では病気のせいだと理解しているものの
「あなたのために頑張っているのにどうしてそんなことを言われなくてはいけないの」
と傷つくこともあります。

認知症の現象を「フェアリー」と呼ぶことで、またそのことを笑い話にすることで、
介護とちょっと明るく向き合えるのかなと思います。

3億アクセスのこのブログ。
日本中の主婦が元気をもらっているようです。


【2010/03/15 21:42】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
第5回MIFA国際交流フェスティバル
20100308210503
先月目黒区のパーシモンホールで開かれた第5回MIFA国際交流フェスティバルに参加しました^^☆

各国の大使館がブースを出展し、
民芸品や料理をを売っています。

舞台では各国の踊りのショーも、
やってたみたい。
見たかったなぁ☆

時間がなくて少ししか見れなかったけど、
次回は長居して各国の料理をつまんだり
色んな国の人とお話したいと思います。

区民のイベントってシニア層が多い印象があったけど、
若い人やカップル、ファミリー層も多かったです。
民間だけでなく、区のイベントも
要チェックだなぁ。


【2010/03/08 21:02】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
軍事アナリスト小川和久さんに普天基地移設問題を聞く


軍事アナリストの小川和久さんと
普天基地移設問題についてお話する。
レストランの一室にて少人数で会食。大変考え深い時間でした。

軍事アナリストと聞き、怖い方かもしれないと先入観を抱いていた私。
実際会ってみると小川さんは
小学校の校長先生みたいな優しい雰囲気の方でした。
とても落ち着いた声で
そしてユーモアに普天基地移設問題について分かりやすく教えてくれました。
3分に一度は皆で一緒に笑っていたように思います。

小川さんに、私の夢や今やってることを話しました。
その分野で「第一任者」となるよう努力すれば、きっと大丈夫ですよ、
そういってくれました。

第一任者たることの大変さは本人たちが1番知っていると思います。

軍事の問題に関しては、誰よりも知っていて、
私が提案する解決策が他の案よりベターである、
と小川さんは言いきります。


第一任者であるためには、決して人の意見を鵜呑みにせず、
自ら現地に足を運び生の情報を収集したり、
アメリカの大臣と怒鳴り合ったりと
プロセスはとても泥臭いものだと分かりました。

第一任者たれ、という言葉に私はまだ、
胸を張って「はい」と言えません。
その現状を理解しつつ、
貴重な時間から学んだことを一つ一つ
自分の物にしていきたいと思います。
【2010/03/07 17:31】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
食事を楽しくする dogybag
20100307133214

ーー
一度行きたかった原宿のオシャレなcafe。
大学のテストも終わったから、
美香と行くことにした♬


店長自慢の一品て書いてあるキッシュ、
ふんふん、野菜と卵とミルクの詰まったフランスの田舎料理かぁ。
これ、お願いします。

キッシュおいしい☆★
でも少し量が多いみたい、
食べすぎて後悔するし。
美香ももうお腹いっぱいでこれ以上食べれないって。
彼氏だったら食べてくれるけど。

残しちゃった、
ちょっと罪悪感。
「お皿お下げしてよろしいですか」
はい。。

ーー
僕が働いているcafeには
カップルがよくおとずれる、
併設してる男性ブランドへ
ショッピングにきたついでに
ランチに寄ってくれるのだ。

自慢は野菜がゴロゴロ入ったキッシュ、
男性にも満足してもらえるように、
ボリュームのある3ピースの
キッシュを盛り付けている。

今日お店にきた女の子たちは、
ほとんど食べてなかった。
口に合わなかったかな。

ニンジンを作ってくれた
斉藤さんの顔が目に浮かぶ、
ごめんなさい
残飯をゴミ箱に捨てた。

ーー

きのうdoggybagを東急ハンズで買いました。一ヶ月くらい前に買おうと思ってて、ようやく買えました。

doggybagに食べきれなかった食事を
つめて持って帰ることができます。
気をつけるのは安全衛生面だけ。

一緒に外食出来なかった家族に
持って帰ることができます。
翌日のお弁当に使ったり。

私がホテルのラウンジでバイトしてた時、
何度もお客さんに謝られました。
「残してごめんなさい」

その度に、楽しく食事をした最後に
罪悪感なんて感じて欲しくないと思いました。
みんながdoggybagを使うようになればいいと思います。

一緒にご飯食べる人と実践すると
なおいいですね。

それにしても、doggybagっていう名前を変えたいw

doggybag推進委員会
http://doggybag-committee.com/controller/index.php

yukko
【2010/03/07 13:27】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
上位1%のビジネスパーソンから学ぶ
就職活動のときに相談にのってもらっていた

元ベネッセ•現キャリアコーチの加納さん。
加納さんのブログに素敵な文章が
書いてあったので許可をもらって転載。
当たり前のことなんだけど、
仕事に対する姿勢って大切だなぁーと実感しました。


ーーー

おはようございます。 
先週、ビジネスパーソンとしてとても大きな学びがあったので、シェアします(^ー^) 
上位1%のトップビジネスパーソンからたくさん学んできました。 

先週2月25日~27日と、講座のアシスタントに入ってきました。 

講座からの学びも多かったのだけど 
今回シェアしたいのは、一緒にアシスタントをしていた人との関わりから学んだことです。 

アシスタント4人中、2人が生命保険のMDRTの人だったんです。 

MDRTというのは、全世界の生命保険の営業職の成績上位者で構成される会。 
日本の会員は3000人(営業職は30万人いるそう)。 
つまりMDRTとは生保の上位1%のトップ営業の人♪ 

僕も上位1%のビジネスパーソンを目指しているので
「おー、両隣に並んでる!!」 
っていうワクワクと緊張がありました。 

アシスタント同士は講座中に話す機会はあまりないので、 
講座が終わった22時半に、遅い時間で迷ったけどご飯に誘ったんです。 

そして、普通の会話をしてももったいないので 
・どんな想いや考えで仕事をしているのか? 
・同じ会社で同じ商品を扱っている状況で、成績上位者と下位者では何が違うのか? 
・どんなセールスをしているのか? 
などを、根ほり葉ほり聴きました。 

この内容のシェアだけで、1講座できるぐらい濃かった(^―^) 


特に印象的だったことを2つシェアします。 

商品知識が圧倒的にすごい! 
生命保険の営業職なのに、不動産や損害保険の資格も持っていて、まさに「ファイナンシャル・プランナー」なんです。 

僕がこれまで会ってきた生保の営業の人も、銀行・証券会社の人も、不動産の営業の人も、自分の商品以外の知識に疎い人が多いんです。 
仕方がない部分もあるけど、こっちとしては、総合的にファイナンシャルプランを考えているのに、話がかみ合わないんです。 

・生命保険の営業としてお客さんと関わると、保険を売るのが仕事になる。 
・ファイナンシャル・プランナーとしてお客さんと関わると、どう生きたいかを明確にするサポートをして、人生を一緒に計画し、その人生を実現するために必要な商品・サービスを提案するのが仕事になる。 

同じ仕事でも、どこに立つかで、お客さんとの関わり方も変わるし、日々の仕事の仕方も変わるし、学ぶ内容も変わるんだと、改めて思いました。 

この理想を実際にやっているのが、上位1%なのか!と、感動しました。 

こんな人が営業だったら、紹介したくなりますよね。
そうなれば、新規開拓しなくても、紹介でどんどんお客さんが集まって、成績が上がるのも必然ですね。 

「どんな人として」「何のために」「どんな価値を」仕事として提供するのか? 
改めて深めているところです。 


次に、印象的だったこと2つ目。 
自分の仕事を、本当に楽しそうに話す! 

中華を食べながら話を聴いていたのですが 
傍から見たら、保険とか営業とかの話をしているように見えないと思います。 

感覚としては、サッカー好きのおっちゃんとサッカーの話題で盛り上がっている感じ。 

「保険ってすごいんだよ♪」 
「最近こういう保険が出たの知ってる?(^ー^)」 
「この保険とこの投資を組み合わせると、すごい利回りになるんだ♪」 
って、趣味の話をするように、保険のことを楽しそうに話すんです。 

本当に仕事が楽しそうに感じたし、保険のことが好きなんだなって感じました。 

こんな風に仕事ができたら最幸ですね。 
なんか、生命保険のことがすごく好きになってしまいました(笑) 
ワクワクは伝染する♪ 

僕も、価値ある仕事をすることをより楽しもうと、改めて思いました。 
そして、周りに「仕事を楽しむ」「学びを楽しむ」をますます広げていきます。 


ーーー

yukko
【2010/03/03 21:30】 | ビジネス | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
being on the road


profile

mainHP→http//www.geocities.jp/uekrtmy/

ゆっこ96

Author:ゆっこ96
name* yuKko
 
ゆっこの本棚 






行ったことのある国•地域•都道府県

最近の記事

カテゴリー

counter

合計
無料アクセスカウンター
本日
ホームページ作成
昨日
無料・出会い系サイト

seoスロット痔ろう熟女・出会いオナニー・画像

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

カレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。