滴が水面を跳ねてるなんて知らなかった。。☆
友達のブログに気になる動画が。

滴が水面を跳ねてるなんて知らなかった。。綺麗☆

water droplets bouncing on a water surface

スポンサーサイト
【2009/11/29 22:11】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
【本MEMO】HOUSE,POP‐UP絵本ミュージアム、新参者、IN
尾形一郎 尾形優
フォイル
発売日:2009-10-21

【読む目的】
写真。風景の切り取りかたをしりたい。
【感想】
砂で覆われた家は、綺麗。


【読む目的】
いつか絵本をお姉ちゃんとだすつもりなので。
【読んだ感想】
素材が紙で、題材が物語である、という違いだけで、
「飛び出す絵本」は、工場の機械と同じ機能をもつ。


東野 圭吾
講談社
発売日:2009-09-18

【読む目的】東野圭吾の「百夜行」をよ読む前に。Fさんより頂いた本。
【感想】
主人公の印象が薄い本だった。新たな土地の殺人事件を紐解く新参者の加賀恭一郎が、犯人を捕まえるというより人の心の蟠りを解していくということが中心に描かれた小説。
古畑任三郎のように癖のある口調や目つきでもなく、紳士に市民に対して取材を続ける。印象は残らない。
主人公の印象の薄い故に、被害女性の息子を想う気持ちが、純粋にひきたった。
私は本を読んで泣くことは珍しいのだけど、ケーキ屋さんに通う被害者の描写は泣かずにはいられなかった。


桐野 夏生
集英社
発売日:2009-05-26

Fさんより頂いた本。
【感想】
緑川未来男の小説「無垢人」が描く『恋愛の抹殺』について、
作家タマキが真実、に近いてものを、理解するまでの変遷やインタビューを追った小説。
驚いたのは、「無垢人」に出てくる妻と愛人の鬼気迫る存在感。
悪びれず飄々と生きる緑川は、まるで蠢く女たちを引き立たせるための静物のよう。
~小説は悪魔なのですか?それとも作家が悪魔なのですか?~
この文章に小説家の抱える宿命を感じる。
【2009/11/29 19:16】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ご飯MEMO
■お店MEMO
行ったことのあるお店のログを簡単にとりたいっ食べログは時間かかるし…モバイルでアップしづらい。評価もできて地図とも同期するサービスができないかなぁ。

・新宿「牛角」
いつも一番おいしいw
杏仁豆腐好きー(o^-^o)

・神楽坂「おいしんぼ」
厚みのあるお蕎麦おいしい♪

・神楽坂「夢幻」
立ち飲みBAR 証明が暗くて目が慣れるまで時間がかかるw
パイプを吸ってる人が多い。
チョコをおつまみにウィスキーを飲むようなかんじ。

・麻布「THE TOP OF TOKYO」シャンパンバー
ママ(?)のナツさんがイイ人!
ナツさん目当てにみんな来る♪いろんなおもしろい人たちが集まる。

・恵比寿「HERTH」イタリアンレストラン
喜美ちゃんといったお店☆話が楽しくて料理あんまり覚えてない(^_^;)美味しかった気がする☆

・恵比寿「豆爺」
恵比寿のおいしい豆腐料理やさん
豆乳持つ鍋がコクあってグー(^^)

・高尾山「くるみ味噌のお饅頭」
屋台。
お味噌が甘めでオモチが柔らかくて美味しかった…☆☆

・麹町「友膳」和食やさんで飲んだボジョレー・ヌーボー。生牡蠣食べれて幸せ。

・小田原「小田原お魚センター」
行ってみたかった!新鮮な魚をおもちかえりできる♪
【2009/11/25 23:32】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
iPhoneとAR
iPhoneを欲しい理由は、新聞紙や本や手帳を持ち運ばなくていいから。

ネットも見やすそうだし(≧≦)

電池とメールの使いにくさ、電子マネーが使えないのが難点。

「butterfly coupon」って知ってますか?数ヶ月前にリリースされたサービス。
名前間違ってるかも…w
AR(仮想現実)の技術を利用して、iPhoneのカメラ越しに街を見ると3Dの蝶が舞ってることがある。
実はそれはiPhoneだけで手に入るお店のクーポンで、宝物探しみたいにクーポンを利用してもらいたいっていうサービスなの。

アニメ「電脳コイル」にもAR技術の未来像が描かれてるのでチェックしてください☆
【2009/11/25 21:07】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
カエリミル
20091125080911
カエリミルとき、自分に足りなかったことを整理する必要がある。

絡んだ糸のようにゴチャゴチャした塊を一本ずつ繙く☆

写メは小さなタバコ屋さんの「傘あります」の手作りポスター。
関係ないけど、なんかポップで可愛かったので載せてみた(*´∇`*)
【2009/11/25 08:09】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
美術展THEハプスブルクの感想
日曜日に新国立美術館のTHEハプスブルクを見に行ってきました☆

オーストリアやハンガリー、イタリア、スペインなどヨーロッパ広域を統治していたハプスブルク家。
「汝は結婚せよ」の言葉はあまりに有名。血縁関係こそが領土を拡大する最適な方法だと。

そんなハプスブルク家の肖像画の中で、一番印象的だったの絵は、マリア・テレジアが11歳の時の絵。
誰もが感じると思うのだけど、華奢な体に似合わず、猫のように凛と見つめる目と銀色の髪が綺麗。。☆

政略結婚が常であるハプスブルク家にもかかわらず、マリア・テレジアとフランツ1世は恋愛結婚だった。
マリア・テレジアは、フランツ1世の死後喪に服し死ぬまで黒い服を着続けたらしい。



政治より文化より何より 夫と家族を愛し大事にする姿勢、憧れます(≧∇≦)
【2009/11/20 08:37】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
【本メモ】トリアングルとねじまき鳥クロニクルと吉村昭

【目的】おかしのような俵万智の小説がよみたい
【感想】ゆれるおんな心を読みたかったけど、意外と潔い。
    夢見る年下の彼と、不倫の年上の彼、といった
    分かりやすい名称よりも、微妙で名前の付けづらい存在。
   


【目的】村上春樹のほかの世界が気になる
【感想】村上春樹の他の小説の「僕」に共通するものが多いように感じる、受身で、感情がなく、周りの感情や景色を映す「鏡」のような存在。その人間性は「やれやれ」という言葉によくあらわれている。2部、井戸に降りるとき20段梯子をおりたときの描写が面白い。


吉村 昭
新潮社
発売日:2009-06-27

【目的】読書会に向けて
【感想】おどろくほどシンプルな文章。平安時代の和歌を詠んだあとに万葉集を詠むよんだとき感じるような、そんなに愚直に表現していいものかと一瞬とまどうった。でも、その感覚は、慣れきった技巧的な文章との違いに違和感を感じただけであって、ただシンプルな文章は、それで良い。シンプルな文章は、比喩などで読み方の筋道が立てていられていない分、読者に感情が委ねられる。「兄弟の死に目を見届けなくては可哀相、死顔に手をふれたい、それが愛情を伝えることになる」という固定観念に一石投じられたように感じた。
【2009/11/18 00:13】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
吉村昭の読書会・地域の教室、ぜんぶ実現していく☆
読書会やりたいなと思っていたら実現できることに。
明日吉村昭作品の読書会に参加します(≧∇≦)ちょっと暗いタイトルですがたまたまです(^_^;)

元編集者の方々に文章の添削もしてもらえる。

今日、年末も近づいたので今年の振り返りを軽くしてみた。
ブクログ参照すると100冊以上。
出版社さん書店さん図書館さん新聞社さんとプライベートや仕事で一緒になることが多いから、献本してもらったり買ったりして読む機会が多い☆

毎日1冊以上読む友達にもらうことも(笑)。一度読んだ小説はあげちゃうんだって。

こんど映画・舞台・美術展もカウントしてみよう(o^-^o)

子どもたちに教える地域の教室も12月に実現することに♪
願って、それを大切な人たちに伝えて、動けば全部叶うなぁ。


◆GOAL◆
美術・ダンス・国際映画祭・イベントなどを手段に、自他の成長と感動を「ひきだす」
【2009/11/18 00:10】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
辻井いつ子さん「ピアノ国際コンクール優勝まで」とTHEハプスブルク展
小さな部屋で辻井いつ子さんのお話を聞き、話すことができた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
辻井いつ子さん(出展http://kosodate-hiroba.net/profile.html)
1960年東京生まれ。東京女学館短大卒業後、フリーのアナウンサーとして活躍。
88年に生まれた長男・伸行が生後まもなく全盲とわかり、絶望と不安のなか、
手探りで子育てをスタート。持ち前の積極性と行動力で伸行の可能性を引き出した。
(伸行氏は2009年6月(20歳)アメリカ・テキサスで行われた第13回ヴァン・クライバーン
国際ピアノコンクールで優勝。)
2008年 11月、子育てに悩む親御さんが集まって意見交換をするサイト「辻井いつ子の子育て広場」を開設。息子・伸行の才能を引き出した辻井流子育て術も無料でメール配信中。
著書に『のぶカンタービレ!』『今日の風、なに色?』(アスコム刊)がある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いつ子さんの小さな体と柔らかな表情が、部屋の雰囲気を明るくした。

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの裏話を中心にお話を聞く。
特に印象的だったのが、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール参加者は
アメリカ人の家にホームステイする規定があったこと。
主な目的は、ホテル滞在費や練習用のピアノが借りられない学生に
公平な環境を提供することにある。それ以上に意味があることは、
地域の方との交流そのものだと私は感じた。
コンクール参加者を受け入れるホストファミリーの家の前には、オレンジの旗がはためき、
「ここに未来のピアニストがいるよ」というメッセージを発信する。名誉なことなんだ。
ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールでは、街全体がサポーターとして参加者を盛り上げる。
決勝前夜は地域の動物園で「zoo party」として、街ぐるみのお祭りを開くの。 

ご飯が食べれるように炊飯器を買ったり、アジアンマーケットに行ったり、
ホストファミリーは暖かく参加者をむかえた。決勝の前日の夜に酔っ払って伸行さんたちを起こして、
「ピアノの先生がいるから演奏してみて」なんて無謀なことを言うお茶目なハプニングも。
いつ子さんも少しハラハラ。伸行さんは、長い曲を弾いたりと「いい予行練習になったよと」と
いつものポジティブシンキング。そして結果、よかった。
伸行さんが心から音楽を楽しむ、そして聴いている人、いつ子さん、ホストファミリー、
観客、審査員、がその場で喜ぶ、それに呼応して伸行さんはもっとのびのびと演奏する。

わたしはいつ子さんに質問した。
「日本でも、聴く人と演奏する人が一緒になって音楽を楽しめるようになるでしょうか」
「やっぱり日本ではまだクラシックは一般になじみがない、敷居が高いみたい、
でもこれから伸行といっしょに、距離の近い講演をひらいていきたい」


みんなが、主体的に音楽・芸術を楽しむこと。
ナガオカ ケンメイ
創美社
発売日:2009-11

【よむ目的】
元出版社のかたにのおススメ。
【感想】
デザインにはもっと仕事がある☆




THEハプスブルク展あしたみにいきます^w^
【2009/11/15 00:21】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ふんわり気分
20091112220837
高校の親友ぴろこと横浜でゴハン&岩盤浴。

ふんわり気分(o^-^o)

いっつもどんなときでも安心できて癒される存在☆

写メは、前に同期と公園で食べたケーキ(関係ないけど)☆
【2009/11/12 22:08】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
1941年の新聞記事と家系図、root
今日は、横浜パシフィコで開かれた「図書館総合展」に行った☆
電子出版やNet libralyについて調べる。

そこで、読売新聞の明治7年以降の1000万件以上過去の記事が読めるデータベース「ヨミダス歴史館」を使用。
とてもいいと思ったのは、過去の言葉と現代の言葉が対応して記事の閲覧ができること。
たとえば、「東大」と「開成」みたいな。


自分のひいおじいちゃんをキーワード検索してみたー。
貿易に関する記事や亡くなった日の記事が。


そんな話を家族としていたら、おじいちゃんが家系図を持ってきたw

1615年ごろ因幡国・伯耆国の鳥取藩はお目見え御徒士だった私たちの祖先、
今で言うと文官の公務員のような。

大おじいちゃんの書は、とっても細かい筆文字で家庭の古事や、
街のこと将軍のことを2冊にわたって綴っていた。


我が家みたいな拡大家族だから、
こうやって歴史を身近に感じることが出来る。
自分のrootが垣間見れたイイ一日でした☆
【2009/11/10 23:22】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
陶芸部の作品
陶芸部の前回の作品が出来上がりました♪

私の作品は、一輪挿しの花瓶とお茶碗、
みんなは、平皿、お湯のみ、小鉢から灰皿まで☆

自分の作ったお皿に入れたご飯は、もっと美味しく感じるw
食器棚のお皿全部自分で作れたらなぁ。



丸みがお気に入り。

【2009/11/08 21:49】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
カフカに教えてもらった「ご冗談でしょう、ファインマンさん」
20世紀アメリカで物理学ノーベル賞を受賞したファインマンさん、
自身の生活を「べらんめぇ」調でかたった本、「ご冗談でしょう、ファインマンさん」。
とってもとってもおもしろかったです!

20歳からの友達、猫村カフカにおススメしてもらった本。

おもしろーーーい!
松丸本舗の資生堂福原さんの棚にも入っています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
給料のことを読んでから、ますますこれはどうしても辞退しなくてはならないと決心しました。
どうしてもそのような莫大な給料の職を辞退するのかといいますと、
実は僕がいつもやりたいと思っていることーーつまり素晴らしい女性をアパートに囲って、
何かいいものを買ってやるとかいったことーーーがその給料ならできるからです。

人には言わなかったが実はある理由で絵を描ける用意なりたいと前から思っていたのである。言うなればこの世界の美しさに対する感動を、何とか表現したいと思っていたのだ。

たとえばノーベル章受賞者一人一人に「カエル勲章」というものをくれる学生主催の式典がある。
ーー若いころ僕はアンチ・カルチャーだったが、僕のおやじは良い本をたくさんもっていた。
ーーその中に「カエル」と題する古いギリシア劇の本があった。---そのカエルは「ブレック・ケック、ケック」などということになっている。--実際に自分で実際にカエルの声を真似してみた。ところがいろいろやってみているうちに、なるほどカエルの鳴き声という物は、まさに本にあるとおりだということにきづいたのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おもしろーーーーい!
くだけてる文章だしテンポがいいから、居酒屋のおじちゃんの話を聞くように、
よんでて笑うし、痛快。
「物理・数学・語学・絵画・音楽・恋愛・夜遊び」と、テーマを設けて
徹底して体得していくファインマンさん。空気を読んだら終わりですね。

そしてそして、カフカについて。
大学からいつもグワワワワンと私に影響をあたえる存在。
(ブログから見ても分かるけど、ものを大事にするところ見習らねばーーー)


カフカは、なんというのか、「純度100%、まじりっけなしの成長水」みたいな人。


自然に、毎日コンコンと成長意欲が湧き出ていて、勉強、体力づくり、人との関り方とか
成長することをとにかく楽しむ、当たり前に工夫したり努力したり。
周りに及ぼす影響については、みんなその成長水をゴクゴク飲んで、
「うわー飲みやすくておいしいし、元気出る!」という感じ。

カフカの妹ちゃんも、彼女さんのRちゃんも、marvelous!

またすぐにみんなで話したいなぁ>w<

おやすみなさい♪
【2009/11/06 00:54】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
「添ひて」の文字が綺麗
書きたくて、書ききれないことをちょっとずつエントリー。
本エントリー前にも3個書きましたので、良かったら見てください。

字色のことについて書いたエントリーでも伝えたこと。

文字の、添ひて、の部分に女性の優雅さを感じた、びっくりした!



タイポグラフィのデザイナーの方とお話をする、
タイポグラフィは字体、配色、飾り文字などを利用して、
その言葉の持つ意味を表す。
1455年にヨハネス・グーテンベルクがグーテンベルク聖書を
活版印刷したときにはじまった。
この辺の印刷~デザインの歴史は頭にたたきこまれてますw

そんな字色の話を家族としていたら、そもそもなんで縦書きと横書きがあるのか、
という話になった。
文化人類学・歴史・宗教・生物学・天文学に詳しくて、
どんな質問にも答えてくれるおじいちゃんに聞いたら、
調べてみなさいと指示がでました。

ちなみに、おじいちゃんの話が本当におもしろいので、
興味がある人は私に声をかけてください^w^おじいちゃんと若者をつなげたい♪


家族の予想では、人間工学の観点から身体的特徴が関係しているんじゃないか、とか
文字を書くための道具が影響しているんじゃないかとか、いろんな案がでた。

文字には書き進める方向(右・左)と書字の方向(縦・横)に分けて4つの種類があって、
縦書きは、列を右から左へ(←)順に並べる右縦書きと、
左から右へ(→)順に並べる左縦書きがある。
横書きは、字を右から左へ(←)順に並べて行を左に進める右横書きと、
文字を左から右へ(→)順に並べて行を右に進める左横書きがあることがわかった。


右縦書きは中国語とその影響を受けた日本語や朝鮮語とかアジアを中心に使われていた。
英語が入ってからは、縦書きと横書きとの併用。これは世界でも珍しいことで、
正方形を基本とする漢字圏の特徴。
英語とかヨーロッパとかの諸語では、左横書きが主流。
こアラビア語とかの中東圏では、逆の右横書き。
モンゴル文字で表記されるは、世界でも珍しく左から右へと行を進める左縦書き!
古代エジプトで使用されたヒエログリフ文字は縦横右左が自由。


歴史を紐といていくと、中国では文字は最初亀の甲羅とか動物の骨に刻まれ、
占いの結果を記すためのものだったことがわかる。しだいに中国独特のスタイル、
その土地に生えている竹や木に記されされるようになった。
竹を細長く縦に割ったものを竹簡というのだけど、漢字の記述方法が基本的に縦書きで、
右から左へと書いていくのは、自然なことだった。

あ、出かける時間になっちゃった><。

ちなみに、関係者曰く総理所信表明は、鳩山さんになってはじめて横書きにしたそう。
伊藤内閣以来、ずっと縦書きだったのだけど。

英語の左横書きについては、また後日。
【2009/11/03 13:02】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
JR新宿駅に菊が咲いた
JR新宿駅に「笠間の菊まつり」の告知

ポスターでも、口述でも、花の美しさは花にしか伝えられない☆
通り過ぎる大勢のひとの目線が、花にとまる。




【2009/11/03 12:05】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
鯛のカルパッチョと秋刀魚の煮つけ、ハロウィン
秋味の思い出を、和洋関係なく載せます♪

鯛のカルパッチョ

レモンとオリーブオイルで乳化させてウマミを。

秋刀魚の煮つけ
骨まで食べれちゃうほど柔らかく。ほろ、ほろ。
紅葉をちらして、秋。


ハロウィンの茶巾しぼり(即席)
IMGP7678 2

関係ないけど「クコの実」って響きが好き。
食べると元気が出そうな。ナウシカの「チコの実」みたいな。

季節が豊かだとたべたいものがいっぱい。
葉っぱをお皿にかざったり、小枝を箸おきにしたり、
お金が無くても工夫するだけで、たんとおいしくなっちゃう。

あとはやっぱり一緒に食べる人♪
【2009/11/03 11:41】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
八ヶ岳の吐龍の滝とほったらかし温泉、くるみを食べるリス
とっても素敵な週末、金曜の夜から八ヶ岳に2泊3日いってきた☆
(来週も旅行なので3週間連続旅行です^^)
八ヶ岳にはじめていったのだけど、時間がゆったりと流れていて
軽井沢より自然を堪能できる場所でした!

お水がおいしかったぁ。

吐龍の滝。
こけが岩に


秋晴れの空に、うっすらと八ヶ岳。
水墨画で描いたような薄い青の濃淡。
山が連なっている。

「ほったらかし温泉」から見える景色は、
前面に広がるこの八ヶ岳と、
お風呂の淵の近くに生えているススキ。
チラ、と何かが舞ったと思ったら、
右腕の近くのお風呂の淵に赤とんぼが留まった。
透明な羽が、薄い、思い出したように羽の先に赤いドット。



八ヶ岳のペンションのベランダにくるみの木が生えている。
7時ごろ朝早い時間にリスがくるみを探しに来るらしい。

見つけたくるみを土の中に隠して忘れちゃうリス。
そのおっちょこちょいの忘れっぽさは進化の過程で淘汰されなかったのかな、
くるみの隠し場所を忘れずに食べれたら効率的なのに。

忘れちゃうからくるみの木が生えてくるんだよ。

リスという生き物単体で見ると一見非効率に見える行為は、
共生するために最も効率的な方法なんだ。

リスは見れなかったけど、リスが生んだクルミの木は立派だった。
気持ちいい朝☆



【2009/11/02 00:20】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
being on the road


profile

mainHP→http//www.geocities.jp/uekrtmy/

ゆっこ96

Author:ゆっこ96
name* yuKko
 
ゆっこの本棚 






行ったことのある国•地域•都道府県

最近の記事

カテゴリー

counter

合計
無料アクセスカウンター
本日
ホームページ作成
昨日
無料・出会い系サイト

seoスロット痔ろう熟女・出会いオナニー・画像

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する