スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
皇室の名宝~日本美の華~内覧会
きょうも仕事が6時に終わりました☆
友達と会いにいってきます。


月曜日、皇室の名宝~日本美の華~の内覧会に参加させて頂きました(≧∇≦)

内覧会は、美術品を所有している皇室関係者、展覧会関係者、芸術家のかたがたなどが観覧する日。

休館日の東京国立博物館はひっそりとした。

内覧会に足を踏み入れる、内緒話を聞くときみたいにドキドキする。

いつまでも、「特別だよ」「内緒だよ」に弱いみたい。


関係者の方の話しが印象的だったので書きます。


(展示物は素晴らしいのでぜひ見に行って下さい。)

~~~~

私は作品の展示から会場設営のコーディネートをしています。

作品そのままを観てもらうことは、
とても難しい。

作品は、照明によって色がまったく異なる。

作品の置く向きや角度によって、
陰影も変わって質感までも変わって見える。

展示品の並べ方によって、全く印象が違う。
人は無意識に、
前後の作品の関係性を探してしまうから。

1つの照明と、
1つの置き方と、
1つの並べ方が選ぶということは、それ以外の選択肢を捨てるということです。
展示する上で「作品に対する主催者の意図」を拭い去ることはできない。


毎回、葛藤します。
~~~
スポンサーサイト
【2009/10/29 18:28】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
800円の肌触り
土曜日日曜日と塩原のテニス合宿に参加。
総勢40名、話したことのあるひと、無いひと、こんにちはから始まってワイワイしながらゲームを楽しむ。

高速道路が全国1000円になったんですよね?
行きの道中の車の中でIさんが疑問をなげかけた。
Iさんが気になったのは、前の旅行の高速料金1800円の800円の部分。
はて、この800円はなんだろうと疑問に思っていたらしい。


高速道路が1000円なのは首都圏外なんだよ、
その800円は首都圏出る前の料金なんじゃないのかな。
ドライバーのSさんが答える。

そうゆうことなんだ、Iさんが納得する。

景色がスルスルと流れていって、
山の木の葉の
黄と赤と緑の
一枚一枚のチラチラ輝く色が
紅葉を作っていた。


800円、と聞いて
ふと思い出したのは小学校3年の9歳のときのこと。


ベッドのお布団の上に、やっとこさ貯めたおこづかいの100円玉を8枚並べた。
6つ上のお兄ちゃんをわざわざ呼び出して、
わたし100円を8枚もも持っているんだ、と自慢をした。
セーラームーンカードや、グミを買うこともできるよ。


その気持ちを忘れないでね、とお兄ちゃんは言った。



お兄ちゃんは覚えているかしら。

わたしは、そのときのお布団の触り心地も、800円の硬貨の重みも、大切に思う感覚も全部おぼえてる。
そのあとお兄ちゃんの高校合格お祝いにシャーペンを一本買った。
初めて自分のお金で買ったプレゼント。

どんなにお金をもらうようになっても
その価値は変わらない。
大切な人や自分のために大切に使う。


ついたよ、Sさんの車が集合場所のペンションについた。
塩原は紅葉と冷たい空気に覆われた気持ちイイ場所だった。
【2009/10/26 08:19】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(1) |
声色、と同じく字色がある。
文字、にもこだわってみたくなったので、手書き。
私の日記は絵を描いたりチケット貼ったりルールが無いので、
罫線もありません。





(誤字w 書き→描き。いつもながら文章が変だなぁ。)




【2009/10/25 23:32】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
【ファッション メモ】 黒のパンプス
シャープなシルエットの黒のパンプスは、
強がりな女性の「女らしさ」の出る部分。


【2009/10/25 23:14】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
ファッション メモ 10/24
60年代の肩パッドファッションが可愛い。

【2009/10/25 23:09】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
柿が熟れてる
毎朝通る道沿いにある大きなお庭、柿が熟れていた。

立派だなァ☆

季節の移り変わり、時間の流れと同様に、
毎日の身体の循環を意識してる☆
血液の流れを滞らせないためのポンプである筋肉、
パイプである血管やリンパを適度に伸縮させるストレッチ。
二酸化炭素と酸素の循環、呼吸。

感じたこと、学んだことをアウトプットし、またインプットする仕組み。会話、日記、仕事、絵、ブログ。

今日は朝1時間早く出つみた。また少し景色が違う☆
【2009/10/23 07:54】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
タイトルなし
人の話にワクワク☆

上司の話。
世界遺産の撮影に行ったときの話を聞くと、彼のとても柔軟に様々な視点で物を見ていたことに気づく。
まるで球体の中心に向かって視線を送るように1つの物事を立体的に見る。
そして表現も豊かだ。
ーーー
バターのもったりとした匂いが漂うモンゴル、生き物である人間の匂い。


空が近い。

ーーー

作家さんと音楽家を呼んでイベントを開催した。
全国のファンの方々が、その場所に集まった。年齢は20代~70代と幅広い☆

ーーー
テーマだけは決める、それを沈めるためにストーリー(小説)を書くのだけど、その過程は楽ではない。
ストーリーは書き終わるまでどうなるか私にも分からない、
最終形を決めてプロットを打たないと、最初の1行さえ書けないという作家もいる、そろは人それぞれでしょう。

登場人物が、思いがけずに話し出すことがよくある。

ーーー

食事が小説によく出てきますが、茄子の煮浸しとか、それはそのとき私が食べたかった料理です。

私は小説を書き始めると没頭してしまいますので、緩急をつけるため、ホっと呼吸をするために料理の場面を出します。

ーーー
出会えたり話を聞くだけにとどまらず、コンセプトを共有し一緒に1つの空間を創り、完成させる喜びを味わう。

仕事とかプライベートとか、小さなカテゴリに関係なく。
【2009/10/22 09:00】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
RUN TALK*☆
この前夢の1つに掲げていた、『走りながらガールズトーク』を渋谷代々木公園で実践(●^o^●)

はぁ、秋の空気が涼しくて気持ちよかった☆
夕方4時から2時間くらい、
時速6.5キロくらいの速さで二人でトントンと
小走りしながらいつもみたいにガールズトーク☆

心にも体にもデトックス効果があってイイ時間。
どんな悩みも風にソヨソヨ流れていくみたい。


思い返すと、2人が最初に一緒に走ったのは
高校の硬式テニス部に体験入学した15歳の時。
その後部員として毎日学校の周りを3~4周。
3~4キロの道を時速10キロ以上のスピードで、走り続ける。
一周の最後は150mくらいの坂ダッシュ、
あの時、あの坂が果てしなく急勾配に感じた。
「ファイトーファイッ、ファイトーファイッ」の掛け声以外は、余裕がなくて、2人は話すことができなかった。
話すのは部活の後のお楽しみ。


違う大学に通う私たちが、高校卒業後に2人で走ったのは
卒業旅行先のイタリアミラノでのこと。
ホテルをチェックアウトする前に、
朝のミラノの街一緒に駆け抜けた。


2人で会うときはRUN TALKがいいな☆


たまたま、代々木公園の通りでは『東京ベジフードフェスタ2009』が開催中。
草で染めた綺麗な緑の染め物や、
豆乳のマヨネーズなど自然に近い商品がいっぱい。

森ガールもいっぱい見れました(笑)


今日も花丸な1日っ
お休みなさい☆
【2009/10/18 23:52】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
あちらこちらの反応
映画「OCEANS」をみて感じるのは、
生き物は環境や他の生物と密接に反応しあっているということ。
海の流れに逆らわず、体を岩や砂に似せてしまう生き物もいる。
共に泳いで共生する。

サルサバー「ラス・リサス」にて似たような感覚をダンスの中で感じる。
1・2・3のリズムで男性がリードする、4・5・6で女性が答える。
基本的なステップを踏んで背筋を伸ばしているだけで、
いつの間にか、くるくると回ったりしている自分に驚いた。
互いにリアクションをとる会話。


杉浦 貴美子
洋泉社
発売日:2009-09-02

個人的な空間と、公的な空間を隔てている壁。
赤や黄色の色や、ひび割れ、さびのある壁のテクスチャは
どれも味があって可愛らしい。
笑い皺や涙が伝った人の肌のよう。
時間の流れや生活に反応しているのは、
生き物だけではないらしい。

いつも、芸術性を感じていた壁だったけど、
こんな風に作品に残してくれた人がいて嬉しい。

俵 万智
河出書房新社
発売日:1997-05



俵万智さんの「チョコレート革命」を読む。
彼女の短歌は女性だけでなく男性にも読んでほしい。
ーーーーーーーーーーーーーー

「夏の夜の夢」にあなたが笑うと微かに香るファーレンハイト

「チョコレート革命」俵万智
ーーーーーーーーーーーーーー
こんなにも近くに反応している存在がいる。


【2009/10/18 12:00】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
東京国際映画祭OCEANSを観て
六本木ヒルズにて開催された東京国際映画祭の招待を受けて、
オープニング作品の「OCEANS」マスコミ用の完成披露試写会を観た。
21:30開演だったため、終わったのは23時。
絵は興奮覚めやらぬ帰宅中、電車の中で思い出しながら描いた即興作品。

「海ってなに?」
少年の一言から始まった。
製作費70億円、「アース」「ディープブルー」を超えるドキュメンタリー。

触感のある映像の中で、
私は終始海の中にいるような感覚になっていた。


波間をくぐりぬけ空中で、コマのように体を回転させるマイルカ。



フラメンコのスカートのように、流れにたゆたうムラサキダコの足。

ウニのトケが海底の砂に刺さる、微かにサクサクと音がする。
カメのマバタキの音、パチと動くと音がなる、息遣いが聞こえる。
身近な人の息遣いが聞こえるように、彼らのそれが僅か聞こえることは当たり前なのだ。

このドキュメンタリーの一番の特徴と良さは『音』

2mの大きさにも及ぶエチゼンクラゲ。様々な形の楕円を目に残しながら、
ボワン、ボワンと水を押し出して浮遊していく。

海に低く響くクラゲの傘の音。
ボワン。




イワシの群れが自然と円になる、海のなかに海流にそぐわない形は存在しない。
キラ、キラ、小さな体に光が反射する。スワロフスキーより、もちろん、美しい。

イソギンチャクの無数の足。

小魚の群れに、ミサイルのようにザンッと突っ込むのは海鳥。
海の中の泡の軌跡は一直線を描き、その速さを物語る。
海鳥は飛ぶとき空気を活かす。
小魚を捕らえるときはミサイルの弾のような体形となる。
同じ生き物が変化している、人間との能力の違いに嫉妬する。

イグアナの目に、人間の作るロケットはどう映ってるのかしら。


細かいメッセージについてはネタバレとなってしまうので書きませんが、
みんなに、大きなスクリーンで見てほしいです。

メキシコの海で、ダイビングしたとき、重力のない海の中で浮遊する感覚を味わった。
味わったことのある、流れに身を任せる安心感。


地球上の表面績の70%を占め、生命の90%を抱く海。
私はこの作品を通して、自分のアイデンティティーを何にするか、もう一度考えた。

アイデンティティーは1つじゃない、だから流動的でいい。

日本人であり、女であり、ゆっこであり、人間という名の生き物でもある。
数えきれない私。
人生は、ほんの100年にも満たないから、重点を置くアイデンティティーをそろそろ考えたいな。

わたしは、伝えるプロフェッショナルになりたい。
国際映画祭も1つ。
どの分野か、誰に対して?それについてもっと考える。

そんなことを考えながら映画のクレジットを見ていた。

帰り際にTIFF特設ムービーカフェがあった☆

皆にお勧めなのは青学横の「CINEMA」というカフェ。


素敵な映画をありがとうございました。



☆余談☆

日本の協力団体は協賛は多くとも製作会社は多くなかった。
私は海上保安庁のボランティアもしているから、なんだか寂しく感じる。
声がかからなかったのかな、日本の海洋学研究の現状を調べてみよぅ。

そして製作会社の日本水中映像株式会社についてもっと知りたい☆
関係者の方にも話を聞けたので、舞台裏の話をもっと聞かせてもらおうと思う。
Canonのカメラが使われていたみたい、
シーテックで出会ったインドのPRESSも日本製のカメラを絶賛していた。

私たちにできること、そしてー。
【2009/10/18 09:54】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
その姿勢から見せてくれるもの
水曜日、恵比寿で最愛の妹(的な存在)喜美ちゃんに会った☆

実は初めて会った子で友達の妹なのだけど、ずっと前から話に聞いていたし、
人懐っこい笑顔で「お姉ちゃんみたいな存在になってほしい」なんて言ってもらえて、
しかもすごーくフィーリングが合って、兄弟愛が芽生えました♪(笑)


この前、テレビ特集で聞いた保育士さんの話。
「赤ん坊は、成長意欲がすごいんです!立てない体で、アゴを切ったりしながら、何度も挑戦してつかまり立ちするんです、
58歳の今の私なら、
諦めます。」

赤ちゃんの好奇心、成長意欲。
赤ちゃんと同じものを
喜美ちゃんも持ってます☆


話してる時も笑ったりびっくりしたり、気づいたことあればメモしたり☆

体操選手が鉄棒で飛んだり回ったりひねったりするみたいに、
アクロバティックに喜美ちゃんの表情がコロコロ変わって
観ている私までワクワク!

日本では小さい頃から
「将来何になりたい?」
ってよく聞かれる。
この質問は、いまある職業の中なら希望の職業を選ぶことを前提に考えてる、それはおかしいと、彼女は言う。

今は存在しない職業を創ることができるのだから。

喜美ちゃんの夢はみんなの夢になるだろうな。
こころから応援したい。

私も、「何になりたい?」っていう質問に違和感を感じる。
職業は手段だから、別に大した問題じゃない。
「どんな人になりたい?」
それを自分や子どもたちに問いかけたいな(^^)


そして月曜日の太郎ちゃんの試合、見に行けて本当に良かった。。☆


バレーボールの試合会場と同じ広い体育館の中に入ると、サポーターのトランペットと太鼓の音と応援の声が、試合前から鳴り響いていた!
階段上の観客席はお客さんで埋まっていて、太郎ちゃんチームの赤いユニフォームを来て、大人から子どもまでワクワクした表情で試合開始のホイッスルを待っていた。


太郎ちゃんのゴールによって、チームは2ー0で勝利! ヒーローインタビューにもしっかりした口調で答える。

試合後、帰り際に、選手が出てくるのをずっと待っている小学生くらいの男の子たち。
「太郎が来るの待ってる!」とお母さんを説得する。

出てきた太郎ちゃんは、子どもたちにサインして会話しながら頭を撫でる。

男の子の目が、憧れを表してた。。☆
サインをもらったパンフレットを両手で抱き締めて、嬉しい気持ちと緊張する気持ちもギュッと抱き締めて、最後に小さな右手をソッと前に出して握手を求める。

夢を与える存在ってこうゆうことなのかな。

喜美ちゃんも、太郎ちゃんも、人に夢を与える存在。

私もちょっとずつ、
そうなっていきたい☆

大切な人たちに囲まれていると、
出来そうな気分になる。
【2009/10/18 00:13】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
友達の勇姿
今日は香織と一緒に高校からの友達・
タロウチャンの試合を見に行ってきます。。☆*

日本一に輝いて、日本代表として世界に遠征に行っても、
費用は自分で負担しなければいけないとというフットサルスポーツの現状。

それでも、現状に自分を合わせるのではなく、
理想に現状と自分を合わせようとする真摯な姿勢に
いつもいろんなこと教えてもらってます(^^)

2005年ごろの昔のブログにタロウチャンのコメントがあることを思い出した☆
yukko Are you sure of yourself?
taro Of course!If I'm not sure of myself,I can't make efforts.Understand?

http://blog.livedoor.jp/yukko96/archives/22939702.html#comments

フットサルリーグ
http://www.fleague.jp/fl/jsp/index.jsp

ブラバドール浦安
http://www.bardral-urayasu.com/
【2009/10/12 10:51】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
かかとのずれた靴下と、絵の具のついたTシャツ
最近うれしかった風景は、

電車の中のちっちゃい赤ちゃんの、
ちっちゃい靴下が両足とも少しずれてて、
かかと部分が土踏まずあたりにきてたこと。

可愛らしい足をばたつかせて、
興味深深に周りを見つめてた。

もうひとつの風景は、
仕事中外出に出かけて、
横断歩道に一緒に止まっていた
小学一年生くらいの男の子のTシャツの背中に、
青・黄・赤色んな色の絵の具のシミが、
小さくいっぱいついていたこと。

楽しくて夢中になって絵を描いたんだなぁ。

今日の「エチカの鏡」横溝式幼稚園も、
泣きながら勝負に勝ちたいと必死になる子どもたちの映像が見れて本当に良かった。
あんな表情されたら映像を作る側も、制作者冥利に尽きるだろうな。

日常の風景から「子どもたちの夢中」に気づくことが出来た。幸せ。

ーーーーー
子どもの表情と肌の感じに、
思わず永久保存版にしてしまった
フリーマガジン〔art_icle〕

日常の「想い」を抽出できる人がアーティスト。

ーーーーー

あ、あと赤ちゃんとお父さんとお母さんのコミュニケーションのとり方を見て、
「反応」がすごく大事だなぁと感じた。
子どもが少し空を見たら「綺麗だね」少し人を見て足をバタつかせると「話してんの」
いつも親が応えてくれていた。赤ちゃんはすごく安心して世界に目を向けてるように見えた。
【2009/10/12 00:39】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
新宿美術祭をテクテク
秋の空気が気持ちイイ今日、新宿美術祭に参加しながら友達とテクテク。。☆

パフォーマーから大道芸人まで幅広く参加(^^)
HPも、手作り感満載で実はあまり期待して行かなかった(笑)


だけど違った。
新宿通りに音楽が鳴り響き、全面的に大道芸人がジャックしてて、
通る人たちがみんな笑って楽しんでる。そんな状況に大興奮っ☆







地域と学校や行政が市民が一緒になって、ワクワクするものをつくっていく。
これこそ、私の夢のひとつ!


特に良かったのは、パフォーマーが道を縦横無尽に動いていくこと。
背が2mほどあるだろうか、神の姿をしたパフォーマーは、
観客もプレスも追い付けない速さで、異様な動きをしながらルイヴィトンの前を通り抜けていく。
時々大きな爪で子供たちをあやしていく。

子どもたちの心には「なんか不思議なものを見た。」という感覚だけが残るだろう。

この前、国際弁護士になり知的財産を守り発展させるようとしているハツネと話して、
自分の気持ちもぐっと高まる。

つるつるな東京に笑顔の感触を。
【2009/10/12 00:19】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
新宿のCAT
ある日夜10時くらいに入った新宿CAT。
地下で中は古いバスのような電車のような。
バス1両分くらいの細くて小さいお店。

カウンターの気の縁は擦れて丸くなっていて、
壁は人が寄り掛かった形に、ペンキがはげて銀色にピカピカ光ってる。

マスター西崎さんが左手にパイプタバコを持って
右手に煙草の葉を詰めるための道具を持って、ぎゅぎゅぎゅと押し付ける。
パイプタバコは木がマルっとしていて猫の手みたい。




一緒にお店に来た子とジャズの良さについて、話してた。

私はジャズのこと知らないから
ただ聞いていて、
LPの ぷつ。ぷつ。という音が綺麗だなと思った。
たまにLPの音のなかに、
気づいたのは食器がぶつかるカチャカチャ
という音や男性の会話に気づく。

店のこっち側とあっち側の聞こえ方がちげぇんだよ。
給料安いけど、本当はそりゃ俺もオーナーにいいてぇけど、
この店が50年経つまでは面倒みるって約束したからしょうがねぇよ。好きだしよ。
ジャズ聞いていつかこの鉄道乗りながら酒飲むのが夢なんだよ。
つれぇことあったらここ来いよ、何も言わねぇけどちょっとぐらい聞いてやるよ。

伝わる音楽と
伝わる西崎さんの調子のいい声。


私は、伝えたいものが今いっぱいある。
その中から一つ。
足が悪くて家に留まっている
おじいちゃんの言葉を、
日本の若い人たちに伝えたい。
マッカーサーの文章を日本兵として
英訳していたおじいちゃんの体験談を後世に。

三島由紀夫「小説家の休暇」7月18日(金)の下りも、そんなことを伝えている。
【2009/10/06 00:00】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
share
毎日いろんな考えを持っている人と
話したり、作品を見たり、共有したりでPOWERをもらってます☆

*赤坂メディアアート展
http://www.jjazz.net/akasakamediaart/
地域とアートのつながり。
アートが生まれる場所として、地域を表す新しいアート展。

「日本の美大生いかに」美大総合展示会 
ビジネスの枠に囚われていない彼らの作品にハッとされます。
WEB投票中
http://www.the-six.jp/

*銀座 文藝春秋画廊のSALON DE TOKYO展

小林真弓氏の水彩画「キッチン」には、普段見える美しいものが映っていた。
河合万里子氏の油絵「あや子さん」には、女性の佇まいが、色濃く描かれていた。
主催者の方としばらくお話をする。

*銀座 和光ホール 井上康徳さん白磁展
http://www.hakuji-aritayaki.com/tenjikai/
ホールに入ると「りん」と鳴るような涼しいと青の色で溢れていた。
白の影だけで薄く模様をつけた壷や、
水の波紋のような白・青・黄色の輪の模様の小皿が素敵だった。
あのお皿に、野菜の色が差したら。

*おしゃれな音楽とダンスが好きな人が集まる場所↓
バイト仲間のなっちゃんとphilとphiと行きました。タバコの煙も全然無くてhealthy!
http://www.blacklisttokyo.com/
感覚が似てる人が多くて話していて楽しい。
モデルさんはアスリート。

平子理沙さんの柔らかな雰囲気が大好きっ。

平子 理沙
Amazonランキング:346位
Amazonおすすめ度:

【2009/10/05 00:24】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
鼓童in東京
20091001082218
20091001082212
20091001082210
写真は大学の友達のライブ。
「渋谷屋根裏」。

ドラムのスティックを小刻みに叩くと、ドラマーの影がスティックに映り込む。バンドが違うメンバー同士でのセッション、
みんな楽しそうだったなあ☆☆

ライブ会場ではなぜかカレーの屋台も出てたw


3年前にテレビで特集されていた「鼓童」、そのときからずっと行きたいと思っていたら今朝フライヤーで東京に来るという告知を発見(≧∇≦)


太鼓を中心とした伝統的な音楽に、現代的なアレンジを加える音楽集団。


日本では新潟県佐渡島を拠点に活動。ベルリン芸術祭 他 46ヵ国で3200以上を公演をしているしい。

新潟での彼らの暮らし方にも注目なんだ。

何としてでもいこーっと♪
【2009/10/01 08:22】 | バレエ | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
being on the road


profile

mainHP→http//www.geocities.jp/uekrtmy/

ゆっこ96

Author:ゆっこ96
name* yuKko
 
ゆっこの本棚 






行ったことのある国•地域•都道府県

最近の記事

カテゴリー

counter

合計
無料アクセスカウンター
本日
ホームページ作成
昨日
無料・出会い系サイト

seoスロット痔ろう熟女・出会いオナニー・画像

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。