電車の中の前に座るおじいさん、登山靴の紐をひとつひとつ丁寧に、しっかりと結びあげてる、紐の捻れも蝶々結びのゆがみも許さない。
キュ、キュ。
紐を引く瞬間に力が入る、毎朝何年も続けてきた動作。
動作の美しさ。
詠み説く彼の生き方。


この一年間くらいずっと事象について言葉にするのはやめてきた。その日起こった出来事とか、すべて結果だから自分にとっては特に記す必要ない。『何』をしたか、ではなく『いかに』感じ思考したか。
(私にとっての優先順位)事象とか結果に意味がないって言ってるんじゃないってことは君も分かってるよね。

だから、下手っぴな文章で本質を語ろうとした。。ずっと下手ながら続けようと思う。

ただ、ヘミングウェイの『誰がために鐘はなる』の上下巻を詠み終えて、客観的な事実から、今朝見た美しい彼の動作のように本質を知る。優先順位は変えずとも、もう少しバランスを考えようと思った。止まらずバランスをとり続けること。

秋の朝、空気は冷たい、今日も日常を始める人々。
スポンサーサイト
【2007/10/07 06:33】 | バレエ |
| ホーム |
being on the road


profile

mainHP→http//www.geocities.jp/uekrtmy/

ゆっこ96

Author:ゆっこ96
name* yuKko
 
ゆっこの本棚 






行ったことのある国•地域•都道府県

最近の記事

カテゴリー

counter

合計
無料アクセスカウンター
本日
ホームページ作成
昨日
無料・出会い系サイト

seoスロット痔ろう熟女・出会いオナニー・画像

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する