謎がときめくコルテオ
イタリアのサーカス団 シルクドソレイユの「コルテオ」を友達と観に行く。

印象的だったのは、「プロフェッショナルの表情。
努力している事を見せない 、力が抜けた表情。
観る私たちをリラックスさせてくれる。

「シャンデリアに乗りたくなったの」
彼女たちは事も無げにシャンデリアをつかみ宙を舞う。


運営の素晴らしい点、照明。ベッドの中で微睡むくらいの淡い白熱灯の灯り。
温度。原宿の広場に設営されたサーカステント、
冷たい外気は入らず暑すぎず快適な温度だった。
男性には少し暖かすぎたかもしれない。

幕。シースルーの幕には薄くおとぎ話のような絵が描かれている。
幕がおりている時も舞台は見えている。
現実と夢の曖昧な境界線をよく映している。
スポンサーサイト
【2010/01/18 20:39】 | 芸術 | トラックバック(0) | コメント(0) |
チャロー!インディア
森美術館のチャロー!インディアのレビュー(・ω・)/

12月中旬。

インドで感じた熱風が、東京の冷たい空気のなかにムンと流れる。

チャロー!インディア展の中は、インドの街に無数に響くクラクションとか、土と同化しつつあるゴミとか、黄色・赤・青の色に溢れてる。

ヒンズー教の輪廻を表す円が、自然と現代美術にも反映されているようで、作品そのものが丸みを帯びているものが多かった。


政治に対してかなり批判的な作品も多く、Gandhiの顔をモチーフに様々な種類の落書き絵が飾ってあり、『わたしは彼のことを、メガネのおじさんという』と書いてあった。


森美術館は、いつも枠という枠を取っ払うような新しい作品を揃えて待っているから、ハッとさせられる。

たとえば、入場者の影を映写機で壁に映し、その影にゴミがどんどんくっつく作品。参加者は視覚的に自分たちの体にゴミがくっつくように感じる。インドでは、誰もが生物でナマモノで虫がたかってた。


壁に埋め込まれた、人の形。の作品。
その人の形は、gumのように空気が抜けて、くにゃくにゃになって、膨らましてもらうか、捨ててもらうか、もしくはそのままにしてもらうか、何かを期待して待っているように見える。。


美大卒の友達が、言ってたこと。絵をキャンパスに描きつづけてたら、壁に、床にそのまま筆を進ませた人が何人もいたって。


何か、与えられた枠をはみ出すこと。


企画も、まず概念を取っ払うことが必要だなぁ☆

【2008/12/29 15:49】 | 芸術 |
ディズニーランド 「スタ-ライト・ドリームスショー」を見た☆

シンデレラ城を主役に、火、水、花火、レーザー光線、音楽、ダンス、そしてストーリーに
感激。。。。。。☆!!
んやぁ、ディズニーならではの空間演出。。☆
決してキャラクターに頼りすぎることなく、世界観を細部にまで宿す、尊敬。。
特に従業員ではなく、みんなが「CAST」として笑顔で働くところが素敵。

5,800円のパスポート代は、パレードやらショーの価値を考えると高くない!

んでんで、ダ・ヴィンチの手記読み終えた~
上巻「人生論」「文学」、下巻「科学論」「技術」「手紙」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・十分に終わりのことを考えよ。まず最初に終わりを考慮せよ。
・観念または想像力は諸感覚の舵柄であり手綱である。
・真理はきわめてすぐれたものであって、いかに小さなことをほめてもそれは高貴なものとなる。
「レオナルド・ダ・ヴィンチの手記」著 レオナルド・ダ・ヴィンチ 杉浦明平訳 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ダ・ヴィンチ(1452-1519)は、先駆的にニュートン万有引力の法則を
意義として捉えていた、そう実感する。

疑問、仮説、検証、強力なサイクルを持つ、
そのサイクルの求心力によって人は引き込まれる。





レオナルド ダ・ヴィンチ
Amazonランキング:14605位
Amazonおすすめ度:




レオナルド ダ・ヴィンチ
Amazonランキング:14669位
Amazonおすすめ度:

【2008/07/13 21:44】 | 芸術 |
| ホーム |
being on the road


profile

mainHP→http//www.geocities.jp/uekrtmy/

ゆっこ96

Author:ゆっこ96
name* yuKko
 
ゆっこの本棚 






行ったことのある国•地域•都道府県

最近の記事

カテゴリー

counter

合計
無料アクセスカウンター
本日
ホームページ作成
昨日
無料・出会い系サイト

seoスロット痔ろう熟女・出会いオナニー・画像

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する