「産後クライシス」を読んで
2013年に発行された「産後クライシス」。
言葉だけは聞いていたことがありましたが、「育児をきっかけにした夫婦のすれ違い」程度の認識しかありませんでした。

でも、周りの子持ちの方の夫婦から「子どもをうんで、夫に対する期待は諦めに変わった」「夫婦仲が円満な人たちでも、子どもを産んだら変わる」とか、「嫁さんが母親にしか見えなくなった」「子どものことしか見てくれない」といった類のセリフを度々聞き、これは互いの性格が問題なのではない、「出産から初めての子育て」というプロセスの中で構造的な問題があるのだということを想像し、この本を手に取りました。

どうして、大好きな人と大好きな子どもを育てるとき、夫婦の愛情が失われるのか、その事象と理由が少し理解できたように思います。

ーー

産後の妻は、①身体的な危機②精神的な危機③社会的な危機に晒されています。

①は言わずもがな、出産による傷口や体力の低下、授乳の胸の痛みや慢性的な睡眠不足、歩くのもままならないような骨盤の歪みなどがあります。
つわりの時も感じましたが、人は体調が悪いとき目の前の痛みや苦しさに感情が支配されて中々人への思いやりを持つことはできません。
側から見ると「自己中心」「子ども中心」に見えてもおかしくないと思います。
また骨盤の開きなどにより見た目にも変化があり、女であるよりも母親然としていくのは、悲しくも事実なのかもしれません。

②精神的な危機は、「育児の不安」。24時間365日、意思の通じない赤ん坊のお世話をすることは並大抵のことではありません。その命を守ることに精神がすり減らされていきます。
本誌には書かれていませんが、別の研究では(子供を守る」という動物的本能が夫を含む他者全てへの攻撃的な態度につながっているとの記載もありました。

③社会的な危機。仕事も休み、友達も全く同じステージや月齢の人もいない、そしてみんな忙しいとなると日頃の不安や喜びを共有することができず孤独感を感じてしまうそうです。

①-③の危機を通じて、夫の何気無い言動に深く傷ついてしまうのはもはや不可避と言ってもいいかもしれません。

私たちは、まずこのような「産後とは問題が起こって当たり前の状態である」ということを理解することから始めなくてはいけません。

私は大好きな人とずっと仲良くしていきたい。だからこそ、産後の危機のメカニズムを理解してあらかじめ対策を検討していきたいです。一方で「すれ違うもの」だということをやむを得ないものとして受け入れ、時期やホルモンの関係であると冷静に理解して、その後の回復をするための措置を考えたいと思います。

私がこれから大切にしたいのは、「知識と対話」です。(前提として相手への愛情と思いやりは十分あるからです。)
想定されるリスクを知識として知り、どうしたらいいか対話していく。
楽しいことも共有し、工夫して未来を描いていく。
私たちであれば、それが少しずつできるのではないかなと思います。

スポンサーサイト
【2017/08/15 00:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
お腹の中の赤ちゃんと家族
つい先日、お盆のタイミングで夫の家族に会いに行きました。

大好きな義理のお母さんにお腹を撫でてもらうと、なんだかすごく安心した気持ちになりました。
優しさが伝わってくるようです。
夫のおばあちゃんにも報告。
「●●(夫)の赤ちゃん!」ととっても喜んでくれました、夫のご両親は共働きだったのでおばあちゃんおじいちゃんのお家で過ごすことも多く、夫はおばあちゃんにとって自分の子どものように大切な存在です。
おばあちゃんの喜んだ顔を見て、本当に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
きっと孫が生まれて、大きくなる時もずっと元気に見守ってくれると思います。

家族でおばあちゃんの90歳のお祝いをしました、会うたびに家族の絆の強さを感じます。みんなとても明るくて、楽しくて笑顔が絶えない素敵な家族です。
夫のことが大好きですが、夫の家族のことも同じように大好きだと感じます。

赤ちゃんもそんな家族の一員として仲良くなれると嬉しいです。
【2017/08/14 17:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
つわりと夫
安定期になったのでこちらのブログにも記載します。

このたび赤ちゃんを授かり、来年の1月に出産予定です。

先日まで、苦しみ悶えていたつわりも魔法がかかったように楽になりました。
本当に、本当に良かった。。涙

つわりはキツイと聞いていましたが、それでもあの辛さはやはり当事者にならないとなかなか想像がつかないものですね。
川上未映子さんの「君と赤ちゃん」というエッセイを読みましたが、そこに書いてある以下の文章にすごく共感しました。

ーー
このしんどさ、この気持ち悪さ、このものすごい絶対絶命感を、いったいなににたとえたら良いのだろう。
これが聞きしに勝る恐ろしさだった。いま思い出しても震えがくるよ。
ーー
つわりで苦しんでいる妊婦さんのブログを読んだり、すがるような思いで何度も検索していたのは「つわり いつまで」というワード。
つわりを終えたみんなが、本当に眩しかった。
みな、「霧が晴れるように、ある日、つわりは去っていった」というようなことを書いていて、それだけを信じてただ横になっていた。
とにかく、ワラにもすがるような思いで「つわり いつまで」というワードを、一日に何度検索したか、これもまた分からない。
ーー

つわりが治まった今は、ときおりくる気持ち悪さはあるものの精神的にも体力的にも落ち着いています。

気持ち悪くなるのが怖くて、食べ物も、お蕎麦以外怖くて挑戦できなかったのが、ラーメン、ハンバーグなどなんでもござれ。
普通に過ごせることがこんなにも素晴らしいことなんだと、なんとも解放的な気持ちでいっぱいです。

喉元過ぎれば熱さを忘れるというのは良く言うもので、うっかりするとあの辛さや、今の体調の素晴らしさを忘れてしまいそうになります。

体調が良いということの素晴らしさ、辛い体調の時席を譲ってもらえて泣くほど嬉しかった気持ちを忘れないようにしたいです。

私が精神的ても体力的にも辛かったとき、支えてくれたのは、紛れもなく夫です。
妊娠ということについて、普通男性は自分の体が変化するわけではないので、あまり実感も伴いにくいのだと思います。
夫は、実感しにくちその状態から「当事者」として、当たり前のことして毎回診察に来てくれて、子どもの成長をともに喜んでくれました。
何より嬉しかったのは、「マタニティ・ダイアリー」という、妊娠のときの妊婦や赤ちゃんの変化の様子が毎日わかる本を一緒に読んでくれたこと。それだけでなく、なかなか言葉にできない私の苦しさをそこに毎日綴るのですが、毎日その日記を読んで、私への労いや夫の視点からの思いを綴ってくれること。
交換日記のように、毎日休むことなく思いを共有することができて、つわりは本当に辛かったですが、精神的な苦しさはなく、孤独感も感じることなく毎日過ごすことができました。
つわりのような逃げることのできない苦しさは、何よりそれをパートナーに共有することができるか否かが最も大事だと思います。

こうやって徐々に徐々に大きな困難も2人で乗り越えていくんだろうな。

私がつわりの時に口にしやすい、栄養にいいといったらすぐに買ってくれて、ストックを用意してくれたもの。

蒟蒻ゼリー、カルピスアイス、ドールアイス、みかんゼリー、みかんジュース、青汁、ソルティライチ。。などなど。

香料つきのトイレットペーパーが辛いと言って涙したら、その日の夜に無香料のトイレットペーパーを買って来てくれました。昔から「このトイレットペーパーじゃなきゃ絶対ダメ」と言っていたお気に入りのフワフワトイレットペーパーだったのに。

優しくて、強いなぁと日々感じます。


私も相手が大変な時に守ることができる強さと優しさを持てる人になりたいです。
【2017/08/14 17:11】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
体調

久しぶりのブログです。
ネガテイブな投稿失礼します(≧ ≦)

最近のこと。あることが理由で体調が本当に悪くて、毎日とにかく1日が無事に終わることを祈りながら過ごしています。

夕方16時くらいになると気持ち悪さが増して、18時ごろには常に吐き気が。。夜はひたすら横になって過ごしています。
1時間を超える会議では、最後の方「早く終わってほしい。。」としか思えず、うまく会議に参加ができません。

街中や会社の中でも吐き気が止まらず、休んでも気持ち悪さからは逃れられず、何か口にしても効果がなく、何か作業をしても紛らわすことができず、逃げ場がありません。
ただただ無事に1日が終わることを願って過ごすしかありません。
唯一気持ち悪さを感じないのは、寝ている時と、朝起きてから朝ご飯を食べる前でしょうか。

どのような気持ち悪さかというと吐く15秒前のような感覚がずっと続いているイメージかもしれません。二日酔いのような状態がずっと続いています。

食事も色んな物を食べたいのだけど、食べ終わった後の気持ち悪さを考えるといつもお蕎麦になってしまいます。

飲み物もガブガブ飲みたいけど、飲むとなんとなく気持ち悪い。安心して口にできるのはアイスです。

最近の生活の判断基準は「気持ち悪さが少しでも少ない方」。どちらを選んでも気持ち悪いことには違いないのですが、なるべく悪化しない選択をするようにしています。
本当は「どちらが楽しいか」「どちらが好きか」で選択したいのですが。。

この1ヶ月半で、気持ち悪さを感じなかった日は1日だけです。
もしかして気持ち悪さから解放されたのかもと心から嬉しくなりましたが、翌日からやっぱり気持ち悪くて、つかの間の喜びでした。残念。

匂いをきっかけに吐き気を催すこともあって、街中やマンション内やエレベーター内は口で呼吸しています。息するのが怖いときもあります。

匂いがきっかけになるので、体調が悪い時の調理は危ないです。夕飯はほとんど作れず、夫に作ってもらったり、外食したりしています。


本当はハツラツと楽しく過ごしたいのに、
お家のこともバリバリこなして、美味しいご飯作ったりしたいのに
仕事も気持ちよく取り組みたいのに、
この状況を喜びたいのに、ただただ今感じている気持ち悪さが辛くて、そのことしか感じられなくなっています。

気持ち悪いから、口から出したい言葉も「気持ち悪い」「辛い」。
そんな言葉なんて言いたくないのに、溢れ出てしまいます。

重病の患者さんがどうしようもない痛みや苦しみを感じて「辛い」しか言えなくなってしまう気持ちが分かりました。

でも、そういう言葉って、近くにいる人にとってはいつも聞くのはやっぱり辛いですよね。

実際に口に出すのは憚られるけど、吐露したい気持ちを吐き出すたためにSNSで独り言を呟くのは、ある意味本人や周りの人にとってもいいことなのかもしれません。

もちろん弱音も大切な人と共有しつつ、うまく自分で消化する方法も模索しなくてはいけないなと思います。

動けなくなってしまうような、倒れてしまうような劇的な状態ではないけれど、ただただ気持ち悪くて辛いです。行き場のないこの感情に涙したりすることもあります。

早く終わればいいのだけど。。

一方で夫には感謝しかありません。
食べられる物を買ってきてくれたり、
率先して家事をしてくれたり、一緒に体調について学んで向き合ってくれたり、元気づけてくれたり、いつも病院に着いてきてくれたり、外に出れない私のために映画をいっぱい借りてきてくれたり、心配してくれたり労ってくれたり。。
夫がいてくれなかったら、乗り越えられなかっただろうなと思います。

だからこそ早く元気な自分に戻って一緒に楽しく過ごしたいです。

でもこればかりはいつ終わるか分からないので、今の体調に向き合うしかないですね。

なかなか前向きにとらえることは出来ませんが、粛々と過ごしていきたいと思います。
【2017/07/20 19:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
2016年
2016年、とても思い出深い大事な1年になりました。
2015年に続き絵に挑戦、100枚以上描きました。
4月には大好きな方々を呼んで、大好きな場所で私たちだけのオリジナルウエディングパーティーを開きました。
4月は新規事業を行う部署へ異動、これまでの経験を活かし新たな一歩を踏み出しました。
5月は、歩に会いに4人で琵琶湖旅行へ♪相変わらず4人のおしゃべりは止まりませんでした。
6月はスペインとフィンランドへ、美術館通いの毎日は充実していました。
9月はハワイに、久しぶりの家族旅行に心が躍りました。
11月は展示会に参加。me Alice GRANDMAのメンバーに刺激を受けました。
12月はおじいさまの一周忌のために北海道へ。北海道の皆さまの温かさに触れて心が休まりました、飛行機が飛ばず思いがけず青森観光も。
12月はピロのウェディングパーティーも♡泣いてしまいました( ;  ; )
逃げ恥の絵がフィーバーしたり。12月はその他サプライズも。
ーー
仕事に家事に私以上に一生懸命取り組んでくれる夫に毎日感謝です。毎日2人でゲラゲラ笑って過ごしていて楽しいです。
【2016/12/31 23:14】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次のページ
being on the road


profile

mainHP→http//www.geocities.jp/uekrtmy/

ゆっこ96

Author:ゆっこ96
name* yuKko
 
ゆっこの本棚 






行ったことのある国•地域•都道府県

最近の記事

カテゴリー

counter

合計
無料アクセスカウンター
本日
ホームページ作成
昨日
無料・出会い系サイト

seoスロット痔ろう熟女・出会いオナニー・画像

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する